一生の間に注文住宅を何度も作る人ならいざ知らず、大概の方は人生で初めての経験になるでしょう。
そこでの打ち合わせについては、何から始めてどういう流れになるのか、事前には分かりません。
建築メーカーや施工会社の言うままに席に着くだけで終わってしまう場合もあります。
予めどんなことが話し合われるのか、知っておく方が後々困らなくて済みます。
お金を出すのですから、自分の思いを伝えるための準備をしておいて損はありません。

注文住宅の打ち合わせの流れ

注文住宅の打ち合わせの流れ 注文住宅発注においては最初から施工会社を確定して打ち合わせをするケースもありますが、たいていは種々の住宅メーカーに話を聞いてから決定することが多いです。
自分のイメージに合う住宅を作っているメーカーを選び、趣味の合う建築家と話をしたいと思うはずです。
そこで、建てようと思う住宅に関してメーカーと打ち合わせに至る前に、担当者と時間をかけて話をする機会を持ちましょう。
仕事とはいえ担当者の人柄を気に入って、信頼関係を築いてから注文をするケースも多々あります。
単なる契約関係であると割り切らず、世間話からでも良いので担当者と連絡を密に取りましょう。
注文住宅についての打ち合わせは建売やマンションを買う場合に比べて長丁場になりがちです。
流れについても担当者との付き合いを通して予め話しやすい人と付き合ってください。

注文住宅はしっかりアフターサポートしてもらえることが大切

注文住宅はしっかりアフターサポートしてもらえることが大切 注文住宅で夢のマイホームを手に入れたいと考えている方は多いですが、住居は建てた後が重要だと考えられていることからハウスメーカー選びをする際には、十分なアフターサポートや保証の比較を行うことが大切です。
昔に比べて注文住宅は建築技術が発達したこともあり、多くの方が長期にわたって住むことが可能になっています。
そのため大手のハウスメーカーでは独自のアフターサポートの提供や、保証内容の充実に力を入れるようになっています。
どのような住宅も欠陥はなくとも、長く生活をしていくと住居は様々な不具合が発生する可能性が高いです。
日本政府は平成12年4月1日より品確法を改正し、住宅の品質確保の促進等に関する法律を定めたことにより、住宅を建てる際には最低10年間は無償で保証期間を設けるように義務付けています。
そこで注文住宅を受けている大手のハウスメーカーは、ローコスト住宅とのサービスの差を付けるためにも、アフターサポートとして10年目以降のアフターサービスや保証の延長制度を充実させるようになっています。
そこで格ハウスメーカーの保証内容をチェックする上で、確認しておくべきなのが引き渡しから無料で保証してくれる「初期保証」、条件付きで保証期間を延長した場合の最長保証期間である「最小保証」、初期保証以降で延長を行う場合の条件である「延長条件」です。
ハウスメーカーによっては初期保証は30年、最長保証が60年から永年、延長条件として10年ごとの有償点検や補償が受けられる内容となっています。

注文住宅でお気に入りの設備を導入していこう

家を購入するときに、すでに出来上がっている家を購入する方法だけではなく、細かい部分まで自分で決めていく注文住宅という形を選ぶ方が多くなっています。その名の通り自分で細かいところまで決定することができるので、自分の求める暮らしが実現できる点が魅力です。一から考えることが難しいという方も、提示されるプランなどを参考にして考えていくことができるので、難しく考えなくても決めていくことができます。
自分でこだわっていきたいのが設備の面です。実際に生活で使っていくものですから、使い勝手や見た目が自分の求めるものに近いかどうかをしっかりチェックしていきましょう。カタログで見ただけでは実際にどういったものなのか把握しにくいこともあるので、実物をチェックしてみるのがおすすめです。注文住宅メーカーのモデルハウスや、設備を提供する会社のショールームなどを訪れてみると、実際にどういったものなのかをチェックしやすくなります。

注文住宅で2世帯住宅を建築する場合の心構え

注文住宅を建築する前に、どのような設計にするかはとても重要になります。最近は、2世帯住宅が増えてきており、2世帯住宅にしようとするパターンも少なくありません。この場合、どのようなプランにしたら良いのか気になるところです。もし、同居をしたい場合には、特に設計事を気にする部分はありません。ただ、部屋などを広めに取っておいた方が良いでしょう。子供の部屋と親の部屋をしっかりわけることが大事になります。
これに対して、完全分離型の場合には部屋を2つに分けるだけでなくキッチンをはじめとする水回り等を全部2つに分けたほうが良いかもしれません。玄関を分けるのも大きな特徴になります。子供と親の世代では、子供の世代が2階に居住する傾向が少なくありません。これは、足腰などが頑丈な子供の世代の方が2階に上がりやすいからといえます。ちなみに、注文住宅を建築する場合には、リフォームのしやすさも気にしておいた方が良いです。途中で壁をなくすようなことを考えられるため、その場合の設計のしやすさも考慮しましょう。

依頼先の会社によって変わる、注文住宅の施工期間

注文住宅の平均的な施工期間は2~6か月と言われています(施工期間とは、工事に着手してから引き渡すまで、を指します)。しかし、その期間はどのような会社に依頼をするか、によって変わってきます。
大手ハウスメーカーであれば3~4か月程度になりますが、注文住宅を在来工法で作るか、ツーバイフォーで作るか等によって期間は変わってきます。ローコストハウスメーカーの場合は平均2~3か月程度です。ローコストハウスメーカーは、コストを抑えるという目的から、建材をあらかじめ工場で加工する等の工夫で、建築現場で発生する人件費を抑えるといった努力をしています。そのため、結果的に現場の作業が軽減され期間も短くなっているのです。
地元の工務店に依頼する場合は、4~5か月程度が目途となります。メーカーと異なり、工場であらかじめ建材を加工していないため、現場での作業時間が嵩むためです。ひとつの現場に割ける人員が少ないという点も理由です。ただ、建築中でも、変更要望を聞いてもらえる傾向にあるという点は工務店の魅力です。

注文住宅はわからないことをなんでも聞けるプロ会社に依頼

人生で一番大きなお買い物といっても過言ではない夢のマイホームの購入は、やはり一番納得出来る物を購入したいものです。
分譲住宅は出来上がっているものから選ぶことになりますが、注文住宅の場合は全て自分で決められますし、1から設計することが出来るのも魅力です。会社選びからまずは始めていくことになりますが、選ぶ時の基準も考えて選択していくことも大事です。やはりクチコミ評判であったり、内容が充実しているかというのもありますし、料金的なところで高すぎるとなると外れることになるかもしれません。高くてもデザイナーズのばあいはまん属度が高くなるというメリットもありますし、良いもの納得できるものを選びたいということでしたら相場を調べてから依頼するのがベストです。デザイナーズの注文住宅を専門的に取り扱っているところもありますので、まずは会社選びから入念に進めていくと良いでしょう。クチコミ評判も参考にして選ぶのがお勧めです。

注文住宅だからこそ求めたい住みやすさとは

注文住宅の最大の魅力は、なんと言っても自分たちの希望通りの間取りや設備を決められることにあります。
もちろん、外観や使用する素材もどのような物にするかも予算に合えば何も問題はありません。では、そこに住む続ける時にそこに本当の住みやすさがあるかは、まず第一に考えていかなければなりません。中でも、その家には誰が住み続けるかを明確にすることを明確にしましょう。将来の事を考えずに今の都合だけを見てしまっては、長く住みやすい家にはなかなかならないでしょう。その為の間取りを家族全員で話し合ってみることは必須です。その間取りには、日常使用する設備や収納、キッチンや生活用動線もこれまでの生活を考慮し入居後に後悔することのないように、実際に使用する方の意見も取り入れていきましょう。生活上はそれで問題は無くなっていくはずですが、それだけではなく心地よく生活するためには風通しもよく、太陽光を程よく取り入れ家族のコミュニケーションも取りやすい間取り、これが何と言っても重要なポイントになります。それを全て実現できるのが注文住宅を建てる、本当の意味の最大の魅力と言えるでしょう。

●注文住宅についてもっと知りたい方はコチラ●

注文住宅 厚木

新着情報

◎2022/2/2

情報を追加しました。


>注文住宅でお気に入りの設備を導入していこう
>注文住宅で2世帯住宅を建築する場合の心構え
>依頼先の会社によって変わる、注文住宅の施工期間
>注文住宅はわからないことをなんでも聞けるプロ会社に依頼
>注文住宅だからこそ求めたい住みやすさとは

◎2022/1/14

サイトを公開しました